龍が如く4 & 龍が如く0 攻略ガイドwiki [龍が如く4 伝説を継ぐもの 攻略サイト] 攻略 wiki

- ビリヤード -


トップページ > ビリヤード



ビリヤード

地下街のCuze BARで1回800円でプレイできます。
「ナインボール」「ローテーション」「エイトボール」「四つ球」の4つのルールで遊ぶ事が出来ます。
店員との対戦か1人で遊ぶか選択できます。
最初のBANKINGで手球が手前にある方が最初にショットします。
BANKINGは7割程度の力で打つと良いでしょう。


お酒を飲んでいる場合、視点が歪んだりします。


ショット後の画面で台の下に球の影があるときがあります(小バグ?)


店員の強さ 
 初級 精度60%ほど
 中級 精度75%ほど
 上級 精度80%ほど
 特級 精度90%ほど


上級、特級では龍が如く3のときよりも、テクニカルなコンビネーションショットを連発してきます。
(ただその分、比較的ミスの数も増える様に調整されています。)


ルール

  • ナインボール
    テーブルにある的球の中で最も小さい的球からポケットしていきます。
    9番ボールを先にポケットした方が勝者です。
    なお、ファールで落とした9番以外の的球は元に戻さず、そのままゲームを続行します。

  • ローテーション
    テーブルにある的球の中で最も小さい的球からポケットしていきます。
    的球をポケットすると、的球の番号と同じだけの点数を獲得します。
    合計点数が先に61点を越えた方が勝者です。
    どちらも61点に満たない状態で的球が無くなったら、
    新たに的球をセットし、ブレイクショットから再開します。

  • エイトボール
    1〜15番ボールを使用します。
    1〜7番をローボール、9〜15番をハイボールとして的球を2つのグループに分けます。
    ブレイクショットの後、最初にポケットした的球のグループが自分のグループとなります。
    自分のグループの的球を全てポケットしてから8番ボールをポケットすると勝ちです。
    同じグループの的球ならどの順番でポケットしても構いません。
    8番ボールをポケットする時には、入れるポケットを指定しなくてはいけません。
    指定したポケット以外に入れてしまうと負けになります。
    グループの的球を全てポケットする前に8番ボールをポケットしても負けになります。

  • 四つ球
     親球2つと的球2つを使用し、「ポケットのない」テーブルで勝負を行います。
    ブレイクショットの後、自分の親球をショットし、相手の親球を含む的球計3つの内
    2個以上の球に自分の親球を(反射させて)連続して当てることができれば1ポイント獲得します。
    ポイントを獲得すると連続してショットが可能で、
    獲得できなければ相手の番となります。
    これを繰り返し先に15点のポイントを獲得したほうが勝利となります。
     的球同士、同じ的球への2回目以降の接触はカウントされず、あくまでもショットした親球でそれぞれの的球に1回ずつ当てなければなりません。
    (このルールのみ、反射後の予測ラインを表示することができるので、基本はこのラインを目安にして2個以上の的球をヒットさせます。)



特殊なショット

  • コンビネーションショット
    的球で別の的球をポケットします。

  • キャノンショット
    手球で別の的球をポケットします。

  • キスショット
    別の的球に当てて、軌道を変えて的球をポケットします。

  • ブレイクエース
    ナインボールの最初のショットで9番ボールを落とすことを言います。

【コツ】
手玉はクッションレールよりボール一個分内側に置く。
狙いは1番に薄く当てる(かする)程度で奥(5〜8番)のボールを狙う。
突く位置は上でも下でもどちらでも良い。一番上(下)ではなく8〜9割くらいの位置を突くと良い?左右は変更無し。
突く強さは8〜9割くらい。MAXで打つと狙いが外れる。
詳細は下の動画を参照。


攻略法

6547.gif

手球の予想的中位置の中心と、的球の中心を結ぶ延長線がポケットになるように打ちましょう。


ちょっとズルい手ですが、
△ボタンで俯瞰視点にし定規を(点滅する予想自球と、当てようとしている的球の中心線を結ぶように)画面にあてる(上図の赤線に定規を乗せる感じ)と、
的球に当てたあとの動きがある程度予測できます。


また、ショット予測ラインは実際は左右に一定のブレが発生します。(過度のパワー、壁や反射を含むほどブレ率アップ)
ギリギリの狙いではFOULや、ルール四つ玉ではポイント獲得に失敗するので
ある程度のブレを考慮した狙いをするとよい。


動画



トップページ > ビリヤード